豊胸手術、脂肪吸引TOP >> 出来るだけ胸を大きくしたい

バスト
豊胸手術
脂肪吸引
女性器整形
臍の美容整形
他院修正

出来るだけ胸を大きくしたい

女性の胸は思春期になると自然に大きくなり、20歳頃まで成長します。しかしその後は成長が止まってしまい、胸が大きくなることはありません。特定の食べ物や、サプリメントで豊胸効果があるという報告も認められますが、大きな効果は期待できません。確実に胸を大きくしたいということであれば、豊胸手術が有益です。

大きな胸に対する憧れ

胸が小さい方で、大きな胸にあこがれる方は多くいらっしゃいます。胸が大きければ、違うファッションが楽しめたのに、胸が大きければ水着が似合うのに、と思い悩むこともあるようです。胸を大きくするために豊胸手術を行いたいという御相談をいただいています。

豊胸手術により胸を大きくする

胸の悩みは、女性の身体的コンプレックスの中で最も多いものの一つです。豊胸手術は、最も確実なコンプレックス解消の手段です。豊胸手術をすることにより、悩みがなくなり、自分に自信が持てるようになったといわれることが多々あります。精神的に明るく快活になることもあります。小さな美容的変化が、大きな自信につながります。

出来ることなら大きな胸になりたい

どうせ豊胸手術をするなら、大きな胸になりたいという御依頼を多くいただいています。豊胸手術をしたことがバレてもいいので大きくしたいという方もいらっしゃいますし、おかしくない範囲で大きくしてほしいという方もいらっしゃいます。胸を大きくすることで多くの人から注目され易くなることは、実証されています。芸能人の方で豊胸手術の後にオーディションに受かりやすくなった、仕事が来るようになったと喜んでいただけることがあります。

出来るだけ大きな胸を作る場合の注意

近年、美容外科の技術は飛躍的に進歩していますが、際限なく大きな胸を作れるというわけではありません。作れる胸の大きさは個人個人で限界があります。ご本人の体型を診察したうえでどこまで大きくできるかを決定いたします。どこまで大きくなれるかを知りたい場合は、御面倒でも医師の診察を受けていただく必要があります。

大きな胸にするメリット

胸が大きい方は、派手な服が似合うというメリットがあります。セクシーな衣装でも着こなす事が出来ます。また胸が大きくなると相対的にお尻が小さく見えますので、スタイルが良くなります。水着が似合うようになり、プールや海でもスタイルの良さを称賛されます。また胸を大きくしたことにより、突然モテる様になったと言われることがあります。多くの男性は、大きな胸に女性的魅力を感じており、女性の魅力が倍増したと考えれば、何ら不思議ではありません。

大きな胸にするデメリット

一般的に大きな胸の方は肩が凝りやすくなるといわれています。頭痛を起こし易くなることもあります。また胸を大きくしたことにより、下着や服のサイズが変わってくるために買い直す必要が生じる場合もあります。さほど大きなデメリットではありませんが、手術前に知っておく必要があります。

できるだけ胸を大きくする豊胸手術のリスクやデメリット(稀なものを含む)

  • 通常の豊胸手術に比較して難易度が高くなります。
  • 出血したりや血腫が形成されたりする可能性があります。
  • 細菌感染を合併することがあります。
  • 乳房や乳首、乳輪周辺に知覚障害が生じることがあります。
  • 傷が目立つことがあります。

出来るだけ大きな胸になりたいビフォーアフター症例写真

出来るだけ胸を大きくしたい 症例写真1

43歳、未婚。出来るだけ胸を大きくしたい、豊胸手術

症例経過:胸が小さくて前々から豊胸手術を希望していた症例です。なかなか踏ん切りが付きませんでしたが、今回ようやく手術をする決心ができ、仙台中央クリニックにご相談いただきました。胸はほぼ平坦でやせ形の状態でした。最大限に胸を大きくしたいという御希望のために、体型を考え大きな胸を作成しました。

症例解説:胸が大きな女性は、女性の魅力が大きく、男性からも女性からも憧れられる存在です。その為、近年、出来るだけ胸を大きくしたいという希望を持つ方が増加しており、巨乳を形成する手術が増加しています。際限なく大きくできるわけではありませんが、その方の体型を考慮に入れた上で、出来るだけ大きな胸を作っています。出来るだけ大きな胸の豊胸手術は、傷が目立ちやすいリスクやデメリットを認めることがあります。治療効果は個人差があり、効果を保証するものではありません。手術を受けるにあたり十分な説明を受けて下さい。

 0票

出来るだけ胸を大きくしたい 症例写真2

46歳、既婚。出来るだけ胸を大きくしたい、豊胸手術

症例経過:もともと胸が大きかったのですが、出産後縮んだ症例です。以前の様な胸に戻りたくて、ご相談いただきました。診察したところ、胸はボリュームが減って下垂していました。どうせ豊胸するなら出来るだけ大きくしたいという御希望があり、体格を考慮に入れて、大きな胸を目指すことにしました。張りのある若々しい胸になり、出産前よりサイズアップしました。

症例解説:胸が大きいと女性の魅力は大幅にアップすることが多いといわれています。豊胸手術をするなら、出来るだけ胸を大きくしたいというのはいわば当たり前のことです。以前は、豊胸手術をしたことを人に知られたくないので大きさは控えめでサイズアップを希望する方が大半でしたが、近年は、人に知られてもいい、自分から手術を受けることを言ってあるということで、出来るだけ胸を大きくしたいという方が増えています。大きな胸を作る上で最も大切なことは、限界を見極めることです。術前にサイズに関し執刀医と十分検討することが重要になります。出来るだけ大きな胸を作成する手術は、出血したり血腫を作ったりするリスクやデメリットを認めることがあります。治療効果は個人差があり、効果を保証するものではありません。手術を受けるにあたり十分な説明を受けて下さい。

 0票
▲PAGE TOP