豊胸手術、脂肪吸引TOP >> 産後胸が萎んだ

バスト
豊胸手術
脂肪吸引
女性器整形
臍の美容整形
他院修正

産後胸が萎んだ

産後バストが小さくなった

妊娠中や授乳時などは、胸が張り、バストのサイズは最大になります。しかし授乳を終えると、胸は急速に萎んでしまいます。子供が小さいうちは、ほとんどの方は子育てに忙しく自分のことには構っていられないという状況です。しかし子供が自立して、時間に余裕ができると、自分の崩れたバストが気になるようになり、何とか元に戻れないか考えるようになります。

産後バストが縮んでしまう理由

赤ちゃんが母乳を吸うと、母親の体内ではプロラクチンというホルモンが生成されます。生成されたプロラクチンは、母親の体内で母乳を作って、と乳腺に働きかけます。乳腺の活動性は増し、乳腺は肥大し、バストが大きくなります。しかし授乳を中止すると、赤ちゃんがおっぱいを吸わなくなるために、プロラクチンが生成されず、母乳が作られなくなるため、乳腺が衰退し、バストサイズは小さくなります。

友達に温泉に誘われるが断っている

子育てから解放されると、友達から温泉や旅行に誘われる機会が増えます。胸にコンプレックスを抱えていると、恥ずかしくて人に見せられないために、断っているという方が多くいらっしゃいます。せっかく自分の時間ができたのに、疎外感を味わうことになります。

離婚を経験した方から

出産後、離婚を経験した方の悩みは深刻です。前の人生には区切りをつけて、進みたいけれど、胸を見せられないので、進めないと言われます。前向きに生きたいと思っても、常に前の人生を引きずることになります。胸のコンプレックスを抱えて自信を持って進めない方には、豊胸手術が有益です。

産後バストのセルフケア

適切なブラジャーを着ける、バストマッサージを行う、バストアップに効く栄養素の摂取をする、サプリメントを服用するなど、産後バストに対しセルフケアが行われることがあります。しかしどれも確実な効果は期待できず、多少良いという程度に留まります。産後バストに張りを出して若返らせたいという希望の場合は、外科的処置が必要になります。

産後胸が萎んだ方に対する豊胸手術

産後、バストアップを実現したいのであれば、豊胸手術が必要になります。豊胸手術には大きくわけて、人工乳腺、脂肪注入、ヒアルロン酸注射の3つの方法があります。それぞれにメリットデメリットがありますので、担当医と十分相談した上で術式を選択してください。一般的に、バストのボリュームが低下している場合には、人工乳腺による豊胸手術が行われます。胸の張りが出るために、下垂も改善することができます。

産後胸が萎んだ場合の豊胸手術メリットやデメリット(稀なものを含む)

  • 下垂が酷い場合は、手術の難易度が高くなります。
  • 胸の劣化が強い場合、複合手術が必要になることがあります。
  • 内出血や血腫を認めることがあります。
  • 乳房および乳房周囲に知覚鈍麻を認めることがあります。
  • 傷が目立つことがあります。

産後胸が萎んだ症例のビフォーアフター写真

産後胸が萎んだ 症例写真1

32歳、バツイチ。出産後胸が萎んだ、豊胸手術

症例経過:産後に胸が萎んでしまったことに悩み、豊胸手術を希望した症例です。子育てが一段落したので、そろそろ自分も一人の女性としても再スタートしたいとご相談されました。診察したところ、胸は授乳により萎んで下垂していました。授乳を終えて、乳腺の活動が弱まると、胸は萎んだ状態になります。一度伸びて萎んだ胸は垂れやすくもなります。まだまだ30代、女性としての自信と時間を取り戻すために、人工乳腺バッグで豊胸手術を行いました。綺麗な胸になり、女性としての自信も取り戻す事が出来ました。

症例解説:女性にとって胸の悩みは様々なコンプレックスに繋がります。授乳後の胸となると、個人差はありますが、萎むだけではなく、状態まで崩れてしまいます。張りがなくなり垂れ下がるために、触った感覚まで出産前と違う感じになってしまいます。次の人生のステップアップに向け自信を回復さるためには、豊胸手術は有益です。同じ様に治療するのではなく、胸の萎みや下垂具合を見極めて、胸を作成しますので胸の若返りが期待できます。豊胸手術後は痛みや腫れが続くリスクやデメリットを認めることがあります。効果は個人差があり、効果を保証することはできません。術前に説明を十分に受けて下さい。

 0票

産後胸が萎んだ 症例写真2

49歳、バツイチ。産後胸が萎んだ、豊胸手術

症例経過:産後胸が萎んだ症例です。妊娠と出産、授乳により一時的には胸は大きくなりましたが、授乳後はみるみる萎んで、形まで崩れてしまいました。子育てが終了して、独身に戻ったことが切っ掛けで、女性としての自信を得たいと思い、豊胸手術を希望されました。診察したところ、胸は全く平坦で、下着が浮いている状況でした。人工乳腺バッグによる豊胸手術で、2カップ以上のバストアップを目指しました。手術後は美乳になれたことによって女性としての自信も取り戻すことができて、仕事やプライベートを楽しく過ごせる様になりました。

症例解説:女性は妊娠すると、女性ホルモンの分泌量が増加し、胸が急激に大きくなります。バストサイズは、出産後から断乳するまでの期間で増大した状態を取りますが、授乳が終わると委縮してしまい、妊娠前の胸の大きさに戻ります。短期間で急激に増大、収縮するために、授乳を終えた胸は小さくなるだけではなく、以前よりも形が悪くなることが多く、収縮して垂れてしまうこともあります。このような場合、人工乳腺バッグによる豊胸手術が有益です。形が崩れたバストは、デコルテラインまでハリを出すことが必要になり、バッグ位置の調整が必要になります。未婚女性の場合と比較して、難易度が高くなります。術前のデザイン力が問われる手術になります。産後の豊胸手術は、術後出血や細菌感染のリスクがあります。効果には個人差があり、効果を保証するものではありません。事前にメリットやデメリット、術後のリスクなどの説明をしっかり受けてから、手術に臨んでください。

 0票
▲PAGE TOP